カランメソッドに効果はあるのか!?

記事更新日: 2020/04/29

ライター: イーピン

オンライン英会話でたまに見るカランメソッドってなんだろう?と思っている方がいるのではないでしょうか。

「カランメソッドははなにか?」とその特徴・効果を解説します。

カランメソッドとは

カランメソッドはロビン・カランが考案したスピーキングに特化した英語学習法です。公式ホームページによると、他の英語学習法と比較して4分の1の時間で英語が習得できるとされています。

カランメソッドでは、母国語の助けを借りず英語だけを用いてレッスンが進められ、ナチュラルスピードより速い英語を大量に聞いて話すということが基本になっています。

英語で考えて英語で反応する英語脳が身につくと有名な英語教授法です。

1から12までレベル分けされており、レベルが上がるにつれ文章も少しずつ複雑になっていきます。すべてのレッスンを受け終わるとTOEICで800点以上レベルに達すると言われています。

カランメソッドのレッスン内容

実際の風景を見たほうがわかりやすいと思うので、オンライン英会話「ネイティブキャンプ」でのカランメソッドの動画を見てみましょう。

講師からの質問と生徒の回答の反復により、自然にリスニング能力や文法力、発音、スピードが身に付いていきます

講師が2回質問を繰り返し、生徒は講師のガイドに沿いながら、質問に対してフルセンテンスで答えていきます

カランメソッドでは復習の反復が大切とされており、授業の7割が復習を占めます。残りの時間で、新しい単語やセンテンスを学び、最後に今まで学習した内容のリーディングを行い、授業は終わりです。

生徒は講師の質問に対してフルセンテンスで答えなければなりません。

カランメソッドでは先生がガイドをしてくれますので、それにオーバーラッピングのような方式で真似してセンテンスを述べていく

レベルが上がるにつれ、講師のガイドが少しずつ減っていきます。

講師の発音やアクセントを真似て口から出すことが大切です。

テキストを見ることは出来ません。レッスン中は、講師の言っていることに集中することで、リスニング力や理解力を詰んでいきます。

レッスンにはリーディングパートがあるのですが、そこではテキストを見ることが許されます。

カランメソッドの効果・メリット

0から英語を学ぶ初心者の方に、いきなりカランメソッドのみを受講することはあまりおすすめしません。最低限の単語力やリスニング力は求められます。

逆に言うと、まだ英語の癖が身についていない状態なので、発音や英文法スペルなどで正しいものを叩き込むことができます。

初心者の方には、カランメソッドと共に他の教材の授業を一緒に受けて頂くことをお勧めしています・

①リスニング・スピーキングの反応速度が上がる

②回答パターンの習得

③発音の矯正

フリートークや通常のテキストを使ったレッスンよりも、話す量が格段に多くなります。

講師による教え方の違いが小さい、

つまり毎レッスン同じ講師でなくても、問題ないということです。

瞬間英作文との相性が良いです。

カランメソッドのデメリット

【ここがポイント】
  • レッスン単価が高い
  • 初心者には難しい
  • 自然な会話での表現は身につきづらい

レッスン単価が高い

基本的にカランメソッドのレッスンは基本料金にプラスでさらにレッスン料がかかります。

初心者には難しい

事前に中学レベルの文法、語彙、発音は学んでおきたいところです。

自然な会話で通用するスピーキング力はほぼ身につかない

「あくまで構文の型(パターン)を身につける」「反応の速度を上げる」ための学習法

 

この記事を書いたライター

イーピン

最後まで読んでいただきありがとうございます。

中央アジア進出を狙う25歳。

趣味は新日本プロレス観戦。

英語・ロシア語の力がほしい。

この記事に関連するラベル

ページトップへ