【手術室ナースが解説する】脂肪吸引のダウンタイムや美容外科クリニックの選び方

記事更新日: 2020/04/08

ライター: ゆん

 

 

ダイエットしているのに痩せられない!

 

ダイエットって何してるの?

 

食事制限とかランニングとか…辛い…

こんなに頑張っているのに結果が出ないよ~

 

思い切って脂肪吸引してみたら?

 

美bodyを目指す女性の間でポピュラーな施術となってきている脂肪吸引

理想のボディラインをお望みの方におすすめの施術なんです!

そんな脂肪吸引について、手術室看護師の経験がある私が、脂肪吸引はどんな施術なのか、副作用やおすすめのクリニックを紹介していきます。

 

この記事をおすすめする人

・ダイエットしているのに思うように結果が出ない人

・リバウンドに悩んでいる人

・ボディメイクしたい人

・脂肪吸引を考えたことがある人

 

 

 

 

 

 

脂肪吸引ってなに?

 

どんなにマッサージを頑張っても要らない脂肪はなくならないし、ほしいところに脂肪が移動するわけでもない…

ジムに通ってボディメイクするにもかなりの時間と体力が必要ですよね。

手っ取り早く絶大な効果を得るには医療の力を借りて外科的に脂肪を減らす・注入するのが一番効果的です!

まず、手術で脂肪を減らすには2通りの方法があります。

 

外科的に脂肪を減らす方法

・脂肪切除術

・脂肪吸引術

 

それぞれの特徴を下記にまとめました。

脂肪切除術

脂肪を減らしたい部分の皮膚を切開し脂肪組織を切除し皮膚を縫合する。

脂肪を減らしたい範囲の皮膚を切開するため傷を小さくするには部分的な脂肪の切除しかできない。

 

脂肪吸引術

脂肪を減らしたい部分に吸引管を挿入して吸引し挿入口の皮膚を縫合する。

吸引管の太さの皮膚切開で吸引管が届く広範囲の脂肪を減らすことができる。

一つの傷口から手のひらサイズ大の脂肪が吸引できます。

 

傷の大きさから、まぶたや目の下、脂肪種など部分的な脂肪を減らすなら脂肪切除術

身体全体の脂肪を減らすなら脂肪吸引術を選択した方が良いでしょう。

 

 

脂肪吸引のメリット・副作用は?

メリット

脂肪吸引は苦しんで食事制限したり、時間と体力をかけて運動したりなどの頑張りが必要なく痩せられる方法であることが大きなメリットだと言えます。

どの程度脂肪吸引するかも希望できるため、とにかく脂肪を減らしたい方から、理想のボディラインが欲しい方や、コンプレックスの部位だけ脂肪を無くしたい方も、吸引の程度によって叶えることができます。

 

デメリット

脂肪吸引にもある程度のリスクがあります。

脂肪吸引施術中は全身麻酔により眠っているため痛みは感じませんが、施術後麻酔が切れた時痛みがでます。術後3日程度で収まるでしょう。施術前に鎮痛剤を購入しておくことをおすすめします。

また、手術であるため、吸引管を挿入した部分の小さいが傷ができること、内出血や腫れ、皮膚の突っ張り感が出ます。これらは術後1か月程度で消失しますが、術後しばらくはランニングや自転車、筋トレなどの激しい運動を控えたり、長時間の入浴は控える必要があります。

また、術後脂肪組織を安定させるため圧迫のために装具を身に着けていなければいけません。真夏の暑い時期や露出がある制服を着る仕事の場合は、装具を付けると日常生活を送りにくいため注意が必要でしょう。

 

ダウンタイムはどのくらい?

脂肪吸引のダウンタイムは術後2週間くらいです。

痛みやつっぱり感、内出血が完治していないものの、術後2週間程度で普通の生活を送れるようになります。

術後1週間は鈍痛・内出血があり、腫れにより効果を実感出来ない時期です。

3か月後には傷跡や色素沈着が目立たなくなり、脂肪吸引の効果を実感できると思います。露出のある服を自信をもって着られるのはこの頃です。

また、腫れや内出血を抑えるためには術後3日間は包帯などで強めの圧迫、術後1カ月間は圧迫下着や装具により加圧することが大切です。

傷は抜糸するまで血行を良くする入浴は控えてシャワーのみにしましょう。

脂肪吸引をする時のクリニックの選び方は?

脂肪吸引の施術を受けたい方に私がおすすめするクリニックの選び方をまとめてみました。

なぜおすすめなのか、その理由について解説していきます!

 

形成外科専門医いるかどうか

美容外科クリニック選びで最も大事なのは高度な手技を行うことができる医師がいることです。

医師は研修医➡入局➡専門医という修行ルートを辿るのが一般的であり、しっかりと手技や知識を身に付けるにはこのルートを辿るのがベストです。

美容外科は診療科で言うと形成外科の分野に当たります。

(よく整形外科と言われていますが、整形外科は正確には骨折など骨の治療をする分野です。)

なので、研修医➡形成外科入局➡形成専門医の経歴を持った医師こそ信頼できる手技を持った医師であると言えます。

日本形成外科専門医の資格を得た医師は美容外科の施術を行う上での技術を習得した信頼できる医師なのです。

しかし美容外科医というのは研修医➡美容外科医や、研修医➡形成外科以外の診療科に入局➡美容外科医、など、どんな医師でも2年間の研修医期間さえ終えていれば飛び入りできてしまう分野です。

美容外科分野にはには様々な経歴の医師がいるため、形成外科専門医の資格を持った医師がいる信頼できるクリニックを選ぶべきです。

 

難易度の高い部位も施術可能か

ウエスト、首、顔、足首など脂肪が比較的少ない部位は脂肪吸引の難易度が高く、施術を行っていないクリニックが多いです。

美容外科の脂肪吸引がどんな方法で吸引するのか、細かく吸引することが可能なのか調べましょう。

吸引圧や脂肪量(0.1cc以下)も細かく調整することができるクリニックであれば、脂肪吸引したい部位のほとんどを吸引することができます

人によってコンプレックスや理想像はそれぞれあると思うので、妥協無しに身体全体の施術が可能なのかよく見ておいた方がいいと思います。

 

ボディバランスを考えてデザインしてくれるか

脂肪吸引はただ気になる部分の脂肪を減らせば満足いくボディラインになれるのかというとそうではありません。

吸引した部分としない部分の境界線が分からないようなも自然な曲線を作り出したり、美しいボディラインを仕上げなければ成功とは

言えないでしょう。

そのためには脂肪吸引前のデザインがとっても大事になってくるんです。

デザインを重視してしっかりカウンセリングを行ってくれるクリニックを選びましょう。

一人ひとり違う脂肪の厚さや骨格、筋肉のつき方、身体の動きなど身体全体を考えて、ボディデザインをしてもらった方が、失敗がないです。

こんな身体になりたい!という希望をカウンセリング前によく考えて、カウンセリングの時に伝えられるようにしておいた方がいいでしょう。

 

アフターケアが万全か

脂肪吸引は外科的な施術なので当然ダウンタイムがあります。

ダウンタイムの時にはちゃんと理想の姿になれるのか不安な気持ちになると思います。

また、ダウンタイムを長引かせないために素人判断で対策するのではなく、医療者のアドバイスがとても重要です。

施術をしてはい、終わり!ではなく、しっかりとアフターケアをしてくれるクリニックであれば、ダウンタイムを安全に終えることができ、施術後も安心して過ごせると思います。

定期健診の有無を確認したり、圧迫方法などしっかり説明してくれるクリニックを選びましょう。

 

脂肪吸引におすすめなクリニックは?

私がおすすめするクリニックは新宿美容外科クリニックです。

初めて耳にする方もいると思いますが、新宿美容外科クリニックは脂肪吸引の症例件数が全国No.1で実績があってとても人気なクリニックです。

新宿美容外科クリニックの特徴

新宿美容外科クリニックの特徴は、形成外科専門医により難易度の高い部位の脂肪吸引が可能であるということです。

術後6か月まで定期健診してくれる安心のアフターケア制度もあるんです。

料金プラン

新宿美容外科の脂肪吸引は部位によって料金設定が違います。

料金設定は安くも高くもなく一般的な料金設定と言えるでしょう。

ちなみに、麻酔代や診察料金は別料金なので注意してください。

もしもっと安く脂肪吸引したい場合は大手美容外科クリニックのモニターで施術を受ければ半額程度に抑えられます。

部位 料金
頬【1】 ¥300,000(税抜)
アゴ裏【2】 ¥300,000(税抜)
小顔セット 【1+2】 ¥400,000(税抜)
首(前側)【3】 ¥300,000(税抜)
首(後側)【4】 ¥300,000(税抜)
デコルテ【5】 ¥300,000(税抜)
肩【6】 ¥266,000(税抜)
背中【7】 ¥300,000(税抜)
腕付け根【8】 ¥320,000(税抜)
二の腕【9】 ¥400,000(税抜)
二の腕セット 【8+9】 ¥648,000(税抜)
ひじ下 【10】 ¥600,000(税抜)
上腰部【11】 ¥266,000(税抜)
下腰部【12】 ¥266,000(税抜)
腹部全体セット【11+12】 ¥430,000(税抜)
ウェスト(一部)【13】 ¥200,000(税抜)
腰(前側)【14】 ¥300,000(税抜)
腰(後側)【15】 ¥300,000(税抜)
腰(全体)【16】 ¥565,000(税抜)
ヒップ(下)【17】 ¥200,000(税抜)
ヒップ(横)【18】 ¥200,000(税抜)
太もも(前側)【19】 ¥400,000(税抜)
太もも(後側)【20】 ¥400,000(税抜)
太もも(外側)【21】 ¥400,000(税抜)
太もも(内側)【22】 ¥400,000(税抜)
太もも2部位セット
【19~22の中から2部位】
¥720,000(税抜)
太もも全体セット【19~22】 ¥1,280,000(税抜)
ヒザ(上部)【23】 ¥200,000(税抜)
ヒザ(横)【24】 ¥200,000(税抜)
ふくらはぎ(外側)【25】 ¥320,000(税抜)
ふくらはぎ(全体)【26】 ¥640,000(税抜)
足首【27】 ¥200,000(税抜)
システム代 ¥100,000(税抜)

引用:新宿美容外科公式HP

 

アクセス

<新宿美容外科クリニック 新宿院>
JR新宿駅 東南口より徒歩2分
都営新宿線 新宿三丁目駅より徒歩1分

診療時間
完全予約制【月~金】10:00~20:00 【土・日・祝】10:00~19:00


<新宿美容外科クリニック 立川院>
JR立川駅北口より徒歩1分

診療時間
完全予約制【月~金】10:00~20:00 【土・日・祝】10:00~19:00


<新宿美容外科クリニック 横浜院>
横浜駅西口より徒歩5分

診療時間
完全予約制【月~金】10:00~19:00 【土・日・祝】10:00~19:00

 

お近くにお住まいに方は、無料カウンセリングに行って相談してみてください!

まとめ

脂肪吸引は全身の施術なので、決断に勇気がいると思います。

ですが、痩せると本当に人生変わりますよ!

効果が出るかわからないダイエットや難しい部分痩せに時間と体力をかけるよりも、思い切って医療に頼って結果を出しませんか?

そして、ダウンタイムや副作用などしっかり調べたうえで後悔のない美容外科クリニック選びをしてください。

夏を迎えるまえに理想のボディラインを手に入れましょう!

 

 

 

この記事を書いたライター

ゆん

初めまして!最後まで読んでいただきありがとうございます。

三度の飯より美容が大好きな20代看護師です。

女性目線のテーマや医療関係の情報発信の際には私自身の意見も加味して伝えていきます。

この記事に関連するラベル

ページトップへ