【神アイテム】猫背の改善!ストレッチポールで劇的セルフケア

記事更新日: 2020/04/04

ライター: 池宮ヒロノリ

ライタープロフィール
 <治療家> 池宮ヒロノリ
  • 過去1万人の方を施術してきた整体師。
  • 東京の整体会社で3年連続で年間売上ベスト1位獲得。
  • ハワイ大学の人体解剖実習修了証アリ。

こんにちは。都内で整体師をしている池宮ヒロノリと申します。

今回は「猫背」をテーマにお話ししていきます。

整体という仕事を通じてこれまで猫背に悩む患者様と沢山会ってきましたが、猫背はもう治らないものと決めつけている方が非常に多いと感じてます。

確かに整体で身体の歪みを整えたら猫背はある程度改善できますが、日頃の乱れた姿勢の癖があったり、猫背に対する正しい知識がないと直ぐに姿勢は今までの状態に戻ってしまいます。

そこで本日は猫背を長年抱えている方に向けて、どうしたら猫背を改善できるかを解説していきます。

使用する道具はストレッチポールです。

整体やマッサージは2980円〜5000円の価格が一般的ですが、ストレッチポールは2000円以下で購入できて毎日ご自宅でセルフケアができる非常にコスパが良い健康器具です。

この記事を読んだ方のお身体の悩みが少しでも解消されたら幸いです。

<この記事の重要なポイントまとめ>

  • ストレッチポールは2000円以下で購入でき毎日ご自宅でセルフケアができる非常にコスパが良い健康器具。
  • 猫背を改善すると、見た目が良くなるだけでなく、首肩こり、背中の張り、頭痛、睡眠の質etc. 症状の早期改善に。
  • 良い姿勢の基本は、耳、肩、骨盤、膝が一直線。

猫背の簡単セルフチェック

ではこの章ではあなたが本当に猫背かどうかを30秒でチェックできる検査をご紹介いたします。

上の画像のように壁に背中をつけて立ってみてください。(注意点としてゆっくり壁に体をつけてください。)

<正常な方>

  • 壁にお尻と背中が同時につく。
  • 壁と腰の間にギリギリ手が入るくらいの隙間がある。
  • 壁に頭背中お尻の3点がつく。

<猫背の方>

  • 壁にお尻より先に背中がつく。
  • 壁と腰との間に手がスッと入る隙間がある。
  • 壁と腰との間に手がスッと入る隙間がない。
  • お腹が前に飛びしているような感覚がある。

<猫背の方>の項目で3つ以上当てはまった方は残念ながら、猫背の可能性は高いです。

猫背の症状は若い方ほど、改善しやすい傾向がありますが、年齢を重ねた方も諦めるのはまだ早いです。

しっかり本記事に載せてある「猫背改善エクササイズ」を1か月ほど継続すると少しずつ猫背は改善していくでしょう。

次の章では猫背のある方がどのような歪み方をしているかを4パターンに分類して解説していきます。

【あなたはどのタイプ?】悪い姿勢4パターン

自分のタイプはどのタイプでしょうか?

4つの画像を見ていただくとわかると思いますが、どの猫背のイラストも体重を背骨全体で支える事が出来ていないのがお分かり頂けると思います。

【Aのパターン】

頭が前に出て背中上部に頭の負荷がかかりやすくなっている。

【Bのパターン】

左右のバランスが悪く片方の筋肉や関節に負荷がかかりやすくなっている。

【Cのパターン】

頭が極端に前に出て首、肩に負荷がかかりやすくなっている。

【Dのパターン】

反り腰で腰や膝などに負荷がかかりやすくなっている。

【4つに共通するパターン】

頭の重さを背骨全体で均等に支えきれていない。

肩こりや腰痛、股関節の痛みなど身体に何かしら症状がある方は今一度、自分の姿勢の悪さがどのパターンだったかチェックしてみてください。

姿勢の悪さは万病の元です。

「いつか改善しよう!」ではなく、今改善するのをオススメします。

何故なら猫背がある事で身体に負荷がかかり、今以上の重い症状につながるリスクがあるからです。

では次の章では、猫背の方がこれから意識するべき良い姿勢について解説していきます。

池宮

現代人はデスクワークやスマホをよく使うので猫背になりがち!良い姿勢を日常的に意識しよう!

良い姿勢の基本

<良い姿勢のポイント>

耳、肩、骨盤、膝が一直線の姿勢が良い姿勢の基本。

座った姿勢もこの考え方を軸に良い姿勢をチェックしてみてください。

イラストを見て頂くと分かると思いますが、横から見て真っ直ぐになっているので、頭の重さを骨全体で支える事が出来ています。

池宮

歩きスマホをしているとつい猫背になりやすいので注意しようね。

【必見】猫背改善エクササイズ5選

私自身も本日ご紹介するエクササイズを実際に試し、どのエクササイズが老若男女、誰にでも実践しやすく、猫背改善の効果があるかを調べましたのでご紹介いたします。

オススメ1位:デスクワーカー必見の簡単エクササイズ

<一言メモ>

こちらのストレッチは老若男女、すべての方が一番簡単に取り組めるストレッチ方法。普段、デスクワークで丸くなりがちな背骨に対し普段とは逆方向に伸ばすので背筋が伸び猫背が解消されます。

オススメ2位:バランスはとりづらいが効果が高いエクササイズ

<一言メモ>

オススメ1位で紹介したストレッチより少し難易度が上がります。バランス感覚が必要になるエクササイズで猫背の矯正と同時に体幹も鍛えられます。

オススメ3位:筋トレ要素もある猫背ケア

<一言メモ>

肩甲骨〜上腕の筋肉を使う猫背改善エクササイズ。猫背の改善と同時に普段スマホやPCを使い疲れ切った腕に刺激を与え緩めることができます。

オススメ4位・非常にシンプルな動きで猫背改善。

<一言メモ>

非常にシンプルな背中のストレッチ&体幹強化&下半身トレーニングです。少しハードさもあるトレーニングなので10回もやると息が切れる方も多いと思いますが継続的に行えばかなり猫背が改善できます。

オススメ5位・胸を開くストレッチ。

現代人の猫背の原因はコレ

背中を丸めた状態でPCやスマホを触っている

PC作業やスマホを見る時、肩甲骨が前に引っ張られ前かがみ状態になったり首を前に傾けた姿勢になりがちです。

これを長時間続けていると習慣化して猫背になるだけじゃなくストレートネックの原因になるので注意が必要です。

と言ってもデスクワーク中に良い姿勢を完璧に作るのは難しいので、背中にクッションを入れるなど背中が極度に丸くならないように対策をとることをオススメします。

筋肉不足

ピンと伸びた姿勢を維持する為には、「腹筋4:背筋6」くらいの割合で筋トレをするのがベストです。

姿勢が悪いと、

「腹筋を鍛えた方が良いよ!」

「背筋を鍛えた方が良いよ!」

など、どちらか一方の筋肉を鍛えるアドバイスしかされない事がありますが姿勢維持はバランスが大切です。

それは何故なのかというと筋肉には「拮抗(きっこうきん)筋」と呼ばれるペアがあり、お互いの伸縮を助ける対になる働きがあるからです。

腹筋と背筋をバランスよく鍛えなければ、逆に姿勢を崩すので、自分は腹筋と背筋どちらが筋肉量が足りてないかをしっかりチェックして筋トレしましょう。

もちろんどちらも筋力がない方は腹筋、背筋どちらも鍛えてください。

足をよく組む

イメージがつきにくいかもしれませんが足を組むと猫背になりやすいので今日から止めましょう。

足を組んでもらうと分かりますが、足を組むと自然と骨盤が倒れます(骨盤の後傾)

イメージしにくい方もいると思うので、そう言った方は、足を組んだ状態で良い姿勢を取ってみてください。

お腹が苦しくなるはずです。

足を組むと自然と姿勢が悪くなりますので出来るだけデスクワーク中には足を組まないようにしましょう。

内臓の疲れ

意外ですが、内臓の疲れから身体は歪んでしまいます。

これを内臓体壁反射と言います。(このワード自体は覚えなくて良いです。)

内臓に疲労が溜まってくると、私たちの身体は自然と骨を歪ませ、内臓が働きやすい環境を作ろうとします。

イメージしやすいように説明すると、ご飯をたくさん食べた後って、身体が丸くなりませんか?

これも内臓体壁反射の典型例です。

間食ばかりしている人や大食いの傾向がある人は、内臓疲労から猫背になってしまっている可能性があるので気を付けましょう。

<他にも内臓疲労を防ぐ方法一覧>

  • 間食を避ける。
  • 20時以降の飲食を避ける。
  • バランスの良い食事を心がける。
  • しっかり噛んで食べる。

猫背が原因で起こる症状

<猫背は万病の元>

頭痛肩こり/腰痛/胃腸の不調/肺機能の低下/めまい/ふらつき/耳鳴り/だるさ/自律神経の乱れ/ヘルニア etc.

姿勢が悪くなると、頭が前に出がちになります。

頭の重さは成人で4〜6キロの重さがありますので肩にボーリング玉が乗っているような感覚です。

それを支えるのが脊椎と呼ばれる首、背中、腰の背骨で湾曲の絶妙なバランスが頭の重さを支えています。

猫背になるとバランスが崩れ、骨だけでは支えきれず、筋肉にも負担がかかり、肺や胃も圧迫されて様々な症状が起こってしまいます。

まとめ

<この記事の重要なポイントまとめ>

  • ストレッチポールは初期費用2000円以下で購入でき自宅で毎日、猫背のセルフケアが出来る。
  • 猫背を改善すると、見た目が良くなるだけでなく、首肩こり、背中の張り、頭痛、睡眠の質etc. 症状の早期改善に。
  • 良い姿勢の基本は、耳、肩、骨盤、膝が一直線。

私たちの身体は寿命がある消耗品なので使い方が悪ければ、不具合を起こすのは当たり前で最悪の場合は故障してしまいます。

現代はPCやスマホをよく使う為、猫背になりがちなので姿勢は意識して気をつける必要があります。

健康的な生活を送るためにも今回紹介したエクササイズをしっかりご自身の生活に取り入れてみてください。

きっとあなたの毎日の生活が驚くほど変わるはずですよ。

池宮

 

最後まで読んでくださりありがとうございました!

この記事を書いたライター

池宮ヒロノリ

 

  • 名前:池宮ヒロノリ
  • 出身地:岐阜
  • 生年月日:1990年12月27日生まれ
  • 血液型:B型
  • お仕事:整体師
  • 趣味:サウナ、自転車、卓球、投資
  • 夢:ツリーハウスのある古民家カフェ作り。そこで無農薬栽培した野菜の提供、整体で身体の疲れをとって元気な体に復活、ヤギや鶏や犬などたくさんの動物によるアニマルセラピーを受けられる夢の癒しの空間作り。
  • 好きな言葉:「心」
  • 好きな有名人:リリーフランキー

 

この記事に関連するラベル

ページトップへ